先日このブログでもお伝えした、弊社「ゼロローンハウス」についての詳細を
書かせていただきます!

af9980032924l

■概要
10kW以上の太陽光発電設備を一般住宅の屋根に設置し、
全量買取制度を利用して、発電した全ての電気を売却し、
その利益で実質【ローン0円で】住宅を建てることを意味します。

弊社(株式会社ワークス・ワン)は設計から管理までの建築プロデュース業を主事業としており、
それに加えて産業用太陽光発電事業で培ったノウハウと経験を基に、今回の「ゼロローンハウス
開発に至りました。

■背景
既にご存知の方も多いかと思いますが、昨年7月より太陽光発電の【全量買取制度】が始まりました。

大事なポイントは、3つです。
(1)10kW以上の太陽光発電システムを設置すると、
(2)20年間固定金額で、
(3)発電した全ての電力を買い取ってくれる

これを総じて産業用太陽光発電と言われております。
巷でよく聞く「メガソーラー」は、1000kWのシステムになり、こちらも産業用太陽光発電です。

弊社は昨年8月より事業部を立ち上げており、設置実績もございます。

■ゼロローンハウス開発のワケ
一方、一般家庭の屋根に付いている太陽光発電設備は、平均しておよそ4kW程度なのですが、
10kW未満のシステムになると【余剰売電】と言い、

(1)太陽光で発電した電気をおウチで使う
(2)余ったら電力会社さんに売る

という仕組みなんです。

既築住宅の屋根の大きさに合わせて設置するので、どうしても10kW以下の容量になるんですが、
現状、私たちが買う電力料金よりも売る料金の方が高いのです。
これでは、余った分だけ売るのは、もったいないですよね?

そこで、私たちワークス・ワンでは、建築設計と産業用太陽光発電、
双方の経験とノウハウを合わせ、

【一般家庭の屋根に10kW以上の太陽光発電システムを設置できるよう建物の設計をし、
発電した電気を余った分ではなく全て売り、その売電価格を建物のローン金額に充当する】

これが「ゼロローンハウス」です。

■今、だから「ゼロローンハウス」を!
消費税増税前であることや、住宅ローンが低金利で利用できること、
そして毎年資源エネルギー庁で買取価格が変更され、恐らく穏やかながらも
買取価格は下がると思われます。

新築の家を建てるなら、ぜひこのゼロローンハウスをご検討下さい!

お申し込みは、こちらのフォームに「ゼロローンハウス希望」と書いて送ってください!